HOME>オススメ情報>どのような場面で力を発揮するサービス内容なのか

基本的なサービスの中身等を知ろう

オペレーター

個人事業主にせよ、法人にせよ、そのエリアの一等地と呼ばれる所にオフィスを持つ事は色々なメリットがあります。利便性等の様々なメリットがありますが、一等地にオフィスを構えられるようなステータスがあると、相手に信頼感を与える意義も大きいです。ただ、実際に一等地にオフィスを構えるという事は、家賃的にもオフィスの空き状況的にも簡単ではありません。実際にオフィスを構える事が出来なくても、ステータスだけでも手に入れたい、そんな時に利用されるサービスが住所貸しです。この住所貸しサービスは、単に一等地等の住所を借りられるだけでなく、専用の電話・FAX番号を借りられる所もあります。一度サービス提供会社から振り当てられる電話番号に、クライアント等から電話が入った際に、自分個人の電話番号に転送してくれるという仕組みになります。さらに、こうした住所貸しサービスには、宅急便等の荷物の受け取りにも対応している所もあるので、自宅で仕事を行いながら何不自由なく先述のようなステータスを得る事が出来ます。

どの程度かかるものなのかも選ぶ材料に

オペレーター

そんな住所貸しサービスですが、月にどの程度の料金がかかるのかというのが気になる方もいるのではないでしょうか。電話転送サービスなど、一般的なサービスが付いているプランでは住所貸しの料金は月2~3万円というのが相場のようです。ただこれはあくまでも目安で、借りたい住所のグレードやオプションサービスの有無等により、大きく違う事があるという点に注意してください。中には一般的なサービスが付帯して月1万円を切るような所もあるので、よく探してみてから選ぶようにしましょう。もう一つ確認しておきたいのが、住所貸しサービス会社の評判です。色々な口コミ等が確認出来ますが、その中でも特に来客対応の良さや、会議室等のレンタルサービスの使いやすさ等、細かな部分に注目する必要があります。

広告募集中